にげにげ日記

にげにげ日記

(元)不登校ゲイの思索

本・映画

2020年の振り返りとまとめ+本と映画10選

たぶん2020年最後の記事です。来年もよろしくお願いいたします。

既存の<物語>に反駁する——山崎ナオコーラの作品を集中的に読んでみた

作家の山崎ナオコーラの小説やエッセイを集中的に読んでいます。感想を大まかにまとめてみました。

LGBTQもカップルばかりじゃないのに——LGBTQ運動の現状への半ギレ

LGBTQ運動のアジェンダが、同性婚や同性パートナーシップ制度など、カップル単位になりがちなことについて、問い直しが必要だと思います。

「男らしさ」とどう向き合うか——太田啓子『これからの男の子たちへ』を読んで

太田啓子『これからの男の子たちへ』を読んでいろいろ考えたことをまとめました。

今年の目標を上方修正+追加——読書、減量、友だちづくりなど

10月頭に設定した目標を早々に達成したので、目標を上方修正+追加してみました。

Netflix「オールド・ガード」のゲイ描写について語りたい【4,000字超】

Netflix「オールド・ガード」のゲイ表象に感動したので、考えたことをまとめました。長文注意。

今年残り3ヶ月でやりたいこと3つ

表題通り、今年残り3ヶ月でやりたいことを3つ挙げてみました。すっかり涼しくなってきましたね。

【感想】綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究——ゆっくりていねいにつながりたい』

表題の本を題材に、友人と読書会をやりました。その感想をまとめました。

「ノンケになる方法があるとしたら」のアイロニー

ゲイの文芸執筆サークル「桃鞜社」が公開した小説が素晴らしかったので、読んで考えたことをまとめてみました。

ようやく同棲を始めた実感が湧いてきた。

引っ越しによる暮らしの変化をじんわりと感じてきています。

聖地・中野を離れるのがつらい——雨宮まみ『東京を生きる』を読んで泣く

引越しを機に中野から離れます。ゲイのベッドタウン・中野の思い出をひたすら書きました。

差別を受けるのも良い経験?——「何事も経験だ」に抗したい

映画「チョコレートドーナツ」から始まって、「何事も経験だ」というお説教へと言及(マジレス)します。

とうとう8月になってしまった。

2020年8月が始まった。今年の夏は美容に気を配りたい。

洋ドラ好き必見!AppleTV+「テレビが見たLGBTQ」が面白かった。

Apple TV+オリジナル作品「テレビが見たLGBTQ」がめちゃくちゃ面白くて勉強になったのでシェアハピします!

ゲイの友人知人とオンライン読書会をやりました。

Zoomを使ってオンライン読書会を実施しました。ものすごく楽しくて、知恵熱出ました(笑)。

千葉雅也『デッドライン』を読んでうだうだ考えてみた。

おさむです。 千葉雅也『デッドライン』を読みました。 デッドライン 作者:千葉 雅也 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/11/27 メディア: 単行本 思いのほかビターエンドで、ずしーんときています。円環構造を切り裂く<時間>という現実。主人公はこれ…

ぼくの青春「glee」への思いを綴りたい

アメリカの学園ドラマ「glee」への思いをただ綴りました。「glee」はぼくの青春そのものだし、「glee」がなかったらいまのぼくは存在しません。

田中美津ありがとう。ここから始めるリブ

「男らしさ」との距離の取り方の難しさを抱えています。田中美津の「とり乱し」を引用して、この難しさについて掘り下げてみました。

「男らしさ」への焦りと拒絶——『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』を読んで考えたこと

『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』という本を読んで、自分自身の「男らしさ」について省みてみました。

24歳ゲイ、kemioの著書に秒で共感

kemio『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』が、マジでkemioって感じで最高だったので、ご紹介します。刺さった言葉の紹介も。

最近見た映画の感想【アマプラ】

最近見た映画の感想を書きました。『トランスペアレント ミュージカル・フィナーレ』、『モバイルハウスのつくりかた』、『アイ・フィール・プリティ』。

【2019年】読んで良かった本10選【暫定版】(追記あり)

おさむです。 12月に入ったので、今年読んで良かった本10選をやってみました。 今月もまだ本を読むつもりなので、内容は変動するかもしれませんが、とりあえず暫定版として出してみます。 ちなみに、現時点で、今年読んだ本の冊数は153冊です。このなかから1…

「アナと雪の女王2」を見て、前作の捉え方が変わった(ネタバレ注意)

アナとエルサのわかりあえなさ 「アナ雪2」は、エルサとアナの違いを明確に描いた映画でした。それは前作でも描かれていたことですが、そのテーマをさらに明確にしたのが「アナ雪2」だったと思います。 【メーカー特典あり】 アナと雪の女王 2 オリジナル…

『LGBTヒストリーブック』感想

おさむです。 先日の記事でご紹介した、『LGBTヒストリーブック』を読み終えたので、感想を綴っておきます。 nigenige110.hatenablog.jp Gay & Lesbian History for Kids: The Century-Long Struggle for LGBT Rights, with 21 Activities (For Kids series)…

「ジョーカー」と「怒り」。境界線がゆらぎ、恐怖に陥る

おさむです。 今回は「ジョーカー」と「怒り」という2つの映画について書きます。 ぼくも「ジョーカー」について語りたい! 善と悪の境界線 映画「怒り」が揺らがす境界線 「疑いはしない」という程度の信頼。その脆さ ぼくも「ジョーカー」について語りた…

生産性、自己責任。蔓延する不安を見つめる——雨宮処凛『この国の不寛容の果てに』を読んで考えたこと

あれから3年 相模原障害者施設殺傷事件が起きてから、3年が過ぎました。あの事件の報道を見たときぼくがどう感じ何を考えたのか、もう覚えていません。ただ、「この社会がヤバいことになっている」という感じがして、「専門家や有識者の分析を聞きたい」と…

「生きること」をちょっとだけ諦める。あるいは『エンドゲーム 』論的なやつ

セミの抜け殻、生きたい 小学校4年生から中学校を卒業するまでの約6年間、ぼくは不登校・引きこもりで、ほぼ毎日「誰か、ぼくを殺してくれ」と願っていました。 生きる望みも楽しみも展望も何も手元には無くて、「学校に行っていない」という負の烙印と世…

性的同意(セクシュアル・コンセント)について考える——ハンドブックの感想

おさむです。 今回は、先日参加したシンポジウム「性暴力をなくすために男性ができること」で登壇者の1人にもらった冊子から、性的同意(セクシュアル・コンセント)について考えてみたいと思います。 nigenige110.hatenablog.jp レイプされる! 性的同意(…

自分の側に引き寄せすぎてはいけない——小川たまか『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』を読んで考えたこと

「痴漢冤罪って怖いですよね」 大学生のとき、ある講義で、どういう経緯だったか忘れたが、「痴漢」について近くに座っているひととディスカッションしろと指示されて、初対面の学生2人と話をした(どちらも男性だったと思う)。 1人が、開口一番、「痴漢冤…